大腸カメラの流れ

大腸カメラをご希望の方は、事前診察が必要です。

01
検査前日

朝より検査食を召し上がって下さい。検査食以外でも検査は可能ですが、検査食を摂っていただいたほうが大腸がきれいになりやすく、排便回数が減り、身体の負担も少ないため、当院では検査食をオススメしています。また、1日を通して水分は十分にお摂り下さい。夕食は午後9時頃までにお済ませください。夕食後も以下を参考に飲水して構いません。​

飲んでよいもの:水・お茶・麦茶・コーヒー(砂糖〇、ミルク×)
飲んではいけないもの:牛乳・乳飲料・果実入りジュース・ごま飲料・アルコール​
午後9時に、処方した錠剤4錠をコップ1杯(200cc)のお水でお飲み下さい。

02
検査当日

1.朝食は禁食ですが、飲水は検査の1時間前まで構いません。(上記参照)糖尿病以外の薬はいつも通りにお飲みください。

2.ご自宅で経口腸洗浄剤を指定用紙に沿ってお飲み下さい。また経口洗腸剤を内服後は、水、お茶で水分補給をして下さい。
※アメ、スポーツ飲料、炭酸は具合が悪くなるため、飲まないで下さい。

3.着替えていただき、検査室に案内します。下半身は検査用のパンツに履き替えていただきます。(パンツの切れ目がお尻のほうになるようにはいてください)メガネ以外の貴金属は外していただきます。

4.眠った状態のほうがお腹に力が入らず、より正確な検査ができるため、さくら内視鏡クリニックでは、鎮静剤の使用をおすすめしています。鎮静剤を使用していただく方は、検査を始める前に鎮痙薬(胃腸の動きを弱める薬)および鎮静剤を注射します。

5.左横向きになり検査が始まります。検査時間はおおむね15分程度です。肛門から内視鏡(カメラ)が入り体の向きを変えながら盲腸まで挿入します。空気を入れて腸を膨らませて検査をしますので、お腹が張った感じがあります。ガスは遠慮なく出してください。
さくら内視鏡クリニックでは、最新の内視鏡設備を用いています。例えば、お腹が張らないように吸収の早い炭酸ガスによる送気を行うなどの工夫をしています。
その間に、大腸がんやポリープの有無について検査します。ポリープはがんに移行することがあるため、可能な限り切除します。

6.鎮静剤を使用した場合には、1時間程休んでから着替えをして 医師から説明を聞いていただきます。ポリープを切除した方は、出血時の連絡先、食事や生活上の注意事項を記入したパンフレットを医師からお渡しします。

7.お食事は検査終了後すぐに出来ます。お腹の様子を見ながら召し上がってください。

タイトルとURLをコピーしました