胃カメラの流れ

01
検査前日

夕食は午後9時ごろまでにおすませください。夕食後も以下を参考に飲水して構いません。また、常備薬もいつも通りにお飲みください。
飲んでよいもの:水・お茶・麦茶・コーヒー(砂糖〇、ミルク×)
飲んではいけないもの:牛乳・乳飲料・果実入りジュース・ごま飲料・アルコール

02
検査当日

朝食は禁食ですが、飲水は検査の1時間前まで構いません。(上記参照)
糖尿病の薬以外はお飲みください。

03
ご来院後

上着、ネクタイ、入れ歯、コルセットなどを外していただきます。

1.胃の中の泡を消すための、薬を飲んでいただきます。
2.鼻または口にスプレーまたはゼリー状の麻酔薬で麻酔をします。
3.ベッドに横になりのどの麻酔をします。少し苦いお薬です。
4.眠った状態での検査をご希望の方には、検査を始める前に鎮痙薬(胃腸の動きを弱める薬)および鎮静剤を注射します。
5.左横向きになり検査を始めます。
検査中は鼻から息を吸い口から吐く呼吸をします。息を吐きながら肩、首、全身の力を抜いてください。溜まってきた唾液は外に出してください。

検査時間はおおむね10分程度です。その間に、胃がんの有無や胃炎の状態、ピロリ菌のチェックなどの検査を行います。

6.【検査終了】検査が終わっても喉の麻酔は効いています。1時間程度した時点で水分を摂っていただき、むせないようなら飲食できます。
7.鎮静剤を使用した場合には、1時間程休んでから帰宅していただきます。
生検等の処置をした場合は、当日のみ飲酒は避け、消化の良いものをお召し上り下さい。

胃カメラは当日も可能です。ご希望の方は、電話でお問い合わせ下さい。

タイトルとURLをコピーしました