胃腸の不調を起こす主な病気

急に調子が悪くなる病気

急性胃炎・急性胃潰瘍

急性胃炎と急性胃潰瘍は急な腹痛,吐き気・嘔吐,腹部のはり感などを引き起こす胃の病気です。胃に出血もあると、吐血や貧血症状も出ます。原因として,①ストレス(精神的・身体的),②薬剤(鎮痛薬,ステロイドなど),③感染症(アニサキス,ピロリ菌感染など),④飲食物(アルコール,香辛料など)が挙げられます。クリニックでは症状の緩和と緊急の胃カメラでの原因の究明に努めます。

急性腸炎(急性胃腸炎)

急性腸炎とは,急に下痢,発熱,腹痛,嘔吐を引き起こす小腸と大腸の炎症性の病気です。原因のほとんどは感染症で、夏には細菌,冬にはウイルスによる急性腸炎が多く発生します。多くの場合,数日から2週間以内に自然に治りますが、下痢や腹痛の症状が強い場合には早めの治療が必要です。また、出血や2週間以上も症状が続く場合には、大腸カメラでの精密検査の検討も必要です。

急性虫垂炎

一般には、「盲腸(もうちょう)」と呼ばれる急にお腹が痛くなる病気です。正式には虫垂と呼ばれる大腸の一部に炎症が起こる病気ですので「急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)」と呼ばれます。急な右下のお腹の痛みの場合には、急性虫垂炎かもしれません。緊急で手術が必要なときもあるため、早めの受診をおすすめします。

大腸憩室症

大腸憩室とは、大腸の壁の一部が袋状に突出したものです。大腸カメラでは便が挟まっているのが観察されます。便秘などや加齢が原因と考えられています。症状がなければ、経過観察で構いませんが下血(憩室出血)や腹痛(憩室炎)があれば治療の対象になります。緊急手術が必要となる急性虫垂炎と症状が似ていることもあり注意が必要です。

慢性的な病気

胃食道逆流症

胃酸が食道へ逆流することにより、胸やけや呑酸(酸っぱいものが上がってくる感じ)などの不快な自覚症状を感じたり、食道の粘膜がただれたりする病気です。げっぷ、胸の痛み、胃もたれやつかえ感、のどの違和感や声のかすれ、せき、耳のあたりの痛みといった症状がでる場合もあります。胃食道逆流症は、タイプにより治療方法が異なるため、正確な診断が必要です。食生活の欧米化、ピロリ菌感染の減少により、近年患者さんは増加しています。(成人の10-20%)日々の生活の質が下がってしまう原因になります。早く正しい診断をつけ、適切な治療を始めましょう。生活習慣を改善しても症状のとれない場合には、お薬も良い選択です。ご相談ください。​

機能性ディスペプシア

胃カメラで見ても異常のないきれいな胃なのに、胃の働き(機能性)に異常があるために、お腹の不調(ディスペプシア)が起きる病気です。ストレス(身体的な疲れ・精神的な負荷・眠りや生活リズムの乱れ・食生活の乱れ)に過剰に胃が反応してしまうことが主な原因と考えられています。5人に1人ほどの有病率ともいわれている一般的な病気です。日々の生活に支障をきたし、元気に毎日を過ごせない場合には、一緒に治療をすすめましょう。​

過敏性腸症候群

慢性的な下痢や便秘に、腹痛を伴うものを過敏性腸症候群といいます。有病率は10-15%と多くの患者さんがいます。*症状は、日常生活で、排便に時間がかかって遅刻する、会議や電車などすぐにトイレに行けない状況で症状が強くなる、人前での発表や試験などの緊張する場面で腹痛や下痢となり実力を発揮できないなどです。大腸がんや潰瘍性大腸炎といった目に見える病気がないことは大腸カメラで確認しましょう​

便秘症

便秘とは、本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態です。 以下の状態が理想的な排便とされます。  色 黄土色~茶色  形状 バナナ状  におい あまり臭くない  量 バナナ1-2本分  残便感 なし  排便頻度 1回/1-2日 完全排便のためには、便性状の正常化を目指しましょう。生活習慣の改善 ②薬剤の適正使用 ③腸内環境の改善に取り組みましょう。​
タイトルとURLをコピーしました