肛門診察

おしりの出血や痛み、腫れなどでお困りの際はお気軽にご相談ください。

おしりの出血や痛み、腫れなどでお困りの際もぜひご相談ください。肛門の症状は受診のハードルが高く、なかなか相談しにくい内容と思います。当院では女性医師による、プライバシーに配慮した診察をおこなっています。肛門カメラで診察し、診察後は画像を見ながら、相談できます。外科治療を要する場合や緊急時は、すみやかに連携医療機関にご紹介いたします。

診察できる主な疾患

痔核(いぼ痔)

痔核
痔核

おしりを支えている組織が弱ることにより、血流が悪くなった状態です。おしりの外側にできる場合を外痔核、内側にできる場合を内痔核といいます。おしりからの出血や、痛み、腫れや出てくる感じの原因となります。軽症であれば軟膏や座薬、内服薬と生活習慣の見直しで、改善をこころみます。症状が強い場合や、外科的処置を要する場合は、連携医療機関にご紹介いたします。

裂肛(切れ痔)

急性裂肛
急性裂肛
慢性裂肛
慢性裂肛

おしりが切れることにより、出血や痛みをきたす疾患です。繰り返すことでおしりが狭くなってしまうこともあります。女性に多いことが知られています。軟膏や座薬で改善をこころみます。

肛門周囲膿瘍・痔ろう

肛門周囲膿瘍
肛門周囲膿瘍
痔瘻
痔瘻

おしりのまわりに感染を起こして、膿がたまった状態を肛門周囲膿瘍といいます。それが悪化して、まわりとトンネル状につながることを、痔ろうといいます。男性に多いとされ、発熱やおしりの痛み、腫れをきたします。膿が出て下着が汚れることもあります。外科的処置を要する場合が多いので、連携医療機関にご紹介いたします。

*当院では20歳以上の方を対象としております。ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました
当院は予約制となっております
当院は予約制となっております