大腸内視鏡検査

的確に大腸ポリープを切除して、大腸がんを予防します。日帰りのポリープ切除を行います。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)とは

肛門から内視鏡を挿入して大腸(結腸・直腸・肛門)を検査することができます。大腸の内視鏡検査で不安や気になる点があったら医師にご相談ください。

検査前の洗浄液

十分な検査を受けていただくためには、大腸の中に便が残っていないことが大切です。便が残っていると検査に時間がかかったり、正確な診断ができなかったりすることがあります。そのため検査前に洗浄液をたくさん飲んでいただき、大腸を十分にきれいにします。

大腸内視鏡

大腸カメラをおすすめする方

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)を行う目的の一番は大腸がんによる死亡率を下げることです。大腸カメラを定期的に行うことで、治癒できる早期の段階の大腸がんや、大腸がんになる手前の大腸ポリープを見つけることができ、大腸がんを予防することもできます。
大腸がんは年齢とともにその数が増えていきます。特に40歳あたりから増えてきますので40歳から大腸カメラを定期的に受けることをおすすめします。また、若い方の大腸がんも最近は増加していますので、検診で便潜血が陽性であった方、出血・貧血・便秘・下痢・腹痛などの自覚症状のある方、ご家族や友人が大腸がんに罹りご自身も心配な方は年齢に関わらず大腸カメラを受けた方が良いでしょう。

鎮静剤の使用

より確実な検査を行う目的で眠った状態での検査(鎮静剤の使用)を行います。大腸カメラは人によってはお腹の痛みを強く感じる場合があります。そうすると検査中に動いてしまったり、奥までカメラが挿入できなかったりして、不十分な検査になってしまうことがあります。痛みを最小限にし、安心して検査をして頂きたいと考えています。そして病気の早期発見を行い、安心した生活を送るようにしましょう。
仕事の合間であったり、車の運転を控えていたりして鎮静剤の使用をためらわれる場合には、鎮静剤を使用しないで行うことも可能です。鎮静剤の有無のメリットとデメリットをよく理解して、ご自身に適した検査方法を選択してください。不安や気になる点がありましたら、気軽にスタッフにお聞き下さい。

大腸カメラで見つけることができる主な病気

モビプレップの作り方

タイトルとURLをコピーしました