胃内視鏡検査

鎮痛剤を使用することで、苦しくなく、確実な胃カメラを行います。

胃内視鏡検査とは

胃内視鏡検査とは 口または鼻からカメラを挿入して、胃ばかりでなく、咽頭・食道・十二指腸を検査することができます。 さくら内視鏡クリニック品川では、通常の内視鏡による経口内視鏡検査と細径内視鏡による経鼻内視鏡検査のどちらかを選択することができます。内視鏡検査を受ける際にはそれぞれの特徴を説明し、よく理解していただき、ご本人に適した検査方法をおすすめしていきます。不安や気になる点があったら医師に相談してみましょう。

鎮静剤の使用について

口からの検査の場合には、より確実な検査を行う目的で眠った状態での検査(鎮静剤の使用)を行います。喉の違和感が強く感じる方では、検査中に動いてしまったり、ゲップをしてしまったりして不十分な検査になってしまうので、眠った状態で安心して検査を受けていただきたいと考えています。そして病気の早期発見を行い、安心した生活を送るようにしましょう。 鼻からの検査の場合には、鎮静剤は使用せず検査を行います。仕事の合間であったり、車の運転を控えていたりして鎮静剤の使用をためらわれる方には最適な方法です。 それぞれの特徴をよく理解して、ご自身に適した検査方法をおすすめしています。不安や気になる点があったら気軽にスタッフにお訊き下さい。
タイトルとURLをコピーしました