医師紹介

医師紹介

院長 瀧田 麻衣子

Maiko Takita, M.D

受賞

  • ・2019年度 日本消化管学会奨励賞
  • ・27th UEG Week travel grant

論文(英文)

  • Takita M, Ohata K, Ichihara S, et al. Endoscopic and histological features of Helicobacter Pylori-negative differentiated gastric adenocarcinoma arising in the antrum. JGH open 2021 (in press)
  • ・Suzuki Y, Ohata K, Takita M, et al. Palisade technique as an effective endoscopic submucosal dissection tool for large colorectal tumors. Endosc Int Open 2021; 9: E210-215
  • Takita M, Ohata K, Minato Y, et al. Successful esophageal endoscopic submucosal dissection with a transoral endoscope after stepwise scope bougienage of post-endoscopic submucosal dissection stricture. JGH open 2020; 22: 163-165
  • ・Muramoto T, Ohata K, Takita M, et al. Successful endoscopic submucosal dissection for a huge lipoma in the terminal ileum. Video GIE 2020; 5: 575-576
  • ・Kimoto Y, Ohata K, Takita M, et al. Safety and efficacy of cold snare polypectomy without submucosal injection for large sessile serrated lesions: a prospective study. Clin Gastroenterol Hepatol 2020; doi: 10.1055/a-1252-1963 (Epub ahead of print)
  • ・Kimoto Y, Ohata K, Takita M, et al. New techniques in endocytoscopy: submucosal injection heightens the visibility. Endoscopy 2020; doi: 10.1055/a-1252-1963 (Epub ahead of print)
  • ・Arimoto J, Ohata K, Takita M, et al. Evaluation of colorectal endoscopic submucosal dissection using a multifunctional snare: a prospective clinical feasibility study (with videos). Gastrointest Endosc 2020; 93: 671-678
  • ・Kurebayashi M, Ohata K, Takita M, et al. Recurrent tumor involving a diverticulum after colonic endoscopic submucosal dissection successfully resected by the double-tunnel method. Endoscopy 2020; doi: 10.1055/a-1230-3203 (Epub ahead of print)
  • ・Muramoto T, Ohata K, Takita M, et al. Endoscopic submucosal dissection for colorectal neoplasms in proximity or extending to a diverticulum. Surg Endosc 2020; doi: 10.1007/s00464-020-07795-y (Epub ahead of print)
  • ・Ishii R, Ohata K, Takita M, et al. Simple scoring system for the diagnosis of superficial non-ampullary duodenal epithelial tumors. Dig Endosc 2021; 33: 399-407
  • ・Ohata K, Sakai E, Takita M, et al. Risk factors of delayed bleeding after endoscopic resection of superficial non-ampullary duodenal epithelial tumors and prevention by over-the-scope and conventional clipping. Dig Endosc 2021; 33: 390-398
  • Takita M, Ohata K, Muramoto T, et al. Traction-assisted colorectal endoscopic submucosal dissection using an endoloop for large semipedunculated lesions. Endoscopy 2020; 52: E279-280
  • Takita M, Ohata K, Sakai E, et al. Stepwise scope bougienage for esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection for circumferential lesions. Digestive Endoscopy 2019; 31:719
  • ・Hashimoto H, Morikawa T, Takita M, et al. A case of cecal lymphangioma presenting a unique gross appearance: a cecal pedunculated polyp showing a submucosal polycystic lesion on a cut surface. Int J Surg Pathol 2019; 27: 767-768
  • ・Ohata K, Sakai E, Takita M, et al. Efficacy of upper gastrointestinal endoscopic examination to identify patients with obstructive sleep apnea syndrome: a retrospective cross-sectional study. Digestion 2019; 99: 252-259
  • Takita M, Ohata K, Sakai E, et al. Clinical outcomes of patients with small rectal neuroendocrine tumors treated using endoscopic submucosal resection with a ligation device. Digestion 2019; 99: 72-78
  • ・Chiba H, Ohata K, Takita M, et al. Double-tunnel method for treatment of colorectal lesions with severe fibrosis with endoscopic submucosal dissection. Endoscopy 2018; 50: E168-169
  • ・Tashima T, Ohata K, Takita M, et al. Efficacy of an over-the-scope clip for preventing adverse events after duodenal endoscopic submucosal dissection: a prospective interventional study. Endoscopy 2018; 50: 487-496
  • ・Ishii N, Ohata K, Takita M, et al. Management of early gastric cancer with positive horizontal or indeterminable margins after endoscopic submucosal dissection: multicenter survey. Endosc Int Open 2017; 5: E354-E362.
  • Takita M, Ohata K, Sakai E, et al. Large superficial tumor extending to the appendiceal orifice removed by endoscopic submucosal dissection. Video GIE 2016; 1: 38-39
  • Takita M, Ohata K, Nonaka K, et al. Usefulness of confocal laser endomicroscopy for the diagnosis of ileocecal lymphoma. Endoscopy 2016; 48 Suppl 1: E164-165
  • ・Ohata K, Nonaka K, Takita M, et al. Usefulness of training using animal models for colorectal endoscopic submucosal dissection: is experience performing gastric ESD really needed? Endosc Int Open 2016; 4: E333-339.
  • ・Nonaka K, Ohata K, Takita M, et al. Confocal laser endomicroscopic and magnifying narrow-band imaging findings of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma. Endoscopy 2015; 47 Suppl 1: E641-642
  • ・Nonaka K, Ohata K, Takita M, et al. Histopathological confirmation of similar intramucosal distribution of fluorescein in both intravenous administration and local mucosal application for probe-based confocal laser endomicroscopy of the normal stomach. World J Clin Cases 2015; 3: 993-999
  • ・Nonaka K, Ohata K, Takita M, et al. Development of a new classification for in vivo diagnosis of duodenal epithelial tumors with confocal laser endomicroscopy: a pilot study. Dig Endosc 2016; 28: 186-193.
  • ・Nonaka K, Ohata K, Takita M, et al. In vivo imaging of duodenal follicular lymphoma with confocal laser endomicroscopy. Endoscopy 2015; 47 Suppl 1: E16-17

論文(和文)

  • ・港洋平, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他. 【上部消化管腫瘍における先進的内視鏡治療の進歩】注目される内視鏡治療の実際 Over-The-Scope Clipシステムによる消化管全層縫合術. 臨床消化器内科 2020; 36: 82-88
  • ・酒井英嗣, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他. 【知っておきたい新たな処置具-特徴とその開発意図】切除用/切開用処置具 Multi-functional snare SOUTENの特徴と臨床応用. 消化器内視鏡 2020; 32: 825-829
  • ・港洋平, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他.【大腸ESDの工夫】剥離の工夫 Multi-Tunnel法. 臨床消化器内科 2020; 35: 295-302
  • ・村元喬, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他.【大腸ポリープ取り扱いのUp to Date】10mm,11mm以上のポリープ 大きな有茎性ポリープの摘除. 臨床消化器内科 2019; 34: 1140-1147
  • ・木本義明, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他. 抗血栓薬使用下におけるコールドポリペクトミーは安全か. Progress of Digestive Endoscopy 2019; 94: 36-40
  • ・村元喬, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他.【内視鏡治療の偶発症と対策】偶発症の対応におけるKnack and pitfall 切除後潰瘍と穿孔縫縮法のコツと注意点 d.OTSC. Intestine 2018; 22: 197-201
  • ・大圃研, 松橋信行, 瀧田麻衣子, 他.【消化器内視鏡-私の流儀】内視鏡室の機器の配置. 消化器内視鏡 2017; 29: 1020-1022
  • ・村元喬, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他.【高齢者・超高齢者消化管癌の内視鏡治療】大腸癌 内視鏡治療の周術期管理. 臨床消化器内科 2017; 32: 707-712
  • ・松橋信行, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他.【腸炎まるわかり】薬剤起因性 Collagenous colitis. 消化器内視鏡 2017; 29: 134-139
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行, 他. 胃癌に対するESD/EMRガイドラインのポイント. がん読本4号, インターサイエンス社, 2016
  • ・松山恭士, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他.当院におけるESDトレーニングの現状 traineeの立場から. Progress of Digestive Endoscopy 2016; 89: 68-69
  • 瀧田麻衣子, 岩崎栄典, 中澤敦, 他. 食道がん化学放射線療法後に乳び胸を呈した1例. 臨床雑誌内科 2015; 115: 503-506
  • ・港洋平, 大圃研, 瀧田麻衣子, 他. 【大腸癌スクリーニングをどうするか】大腸内視鏡医育成に向けた対策. 消化器内視鏡 2015; 27: 603-607
  • ・大圃研, 木庭郁朗, 瀧田麻衣子, 他. 大腸癌の内視鏡Up-to-date 大腸ESD手技の習得方法. 大腸がんperspective 2015; 2: 64-68
  • ・大圃研, 木庭郁朗, 瀧田麻衣子, 他.【苦痛のない大腸内視鏡挿入法-達人の極意-】苦痛のない挿入には挿入時間にとらわれないことが大切. 消化器の臨床 2014; 17: 158-164
  • ・渥美義大, 岩崎栄典, 瀧田麻衣子, 他. 高Ca血症を伴ったPTHrP産生食道小細胞癌の1剖検例. 日本内科学会雑誌 2014; 103: 741-743
  • ・岩崎栄典, 中澤敦, 瀧田麻衣子, 他. Gianotti-Crosti症候群を合併した成人発症B型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会雑誌. 2013; 110: 1657-1662
  • ・鳩貝健, 中澤敦, 瀧田麻衣子, 他. 無症候性に発症し十二指腸穿破による消化管出血を契機に診断された肝動脈瘤の1例. 日本消化器病学会雑誌. 2012; 109: 247-254
  • 瀧田麻衣子, 岩崎栄典, 中澤敦, 他. gemcitabine、S-1併用療法が著効し、治癒切除にいたった巨大な進行胆嚢癌の1例. 日本消化器病学会雑誌. 2011; 108: 1263-1270

海外講演・技術指導・学会発表

  • ・中国(オンライン): 早期癌中日E学堂(2021.03.16)
  • ・中国(オンライン): 中日診断・治療Eサロン(2020.07.03)
  • ・中国, 湛江: 広東医科大学附属医院(2019.12.21)
  • ・中国, 広州: 南方医科大学南方医院(2019.11.01)
  • ・スペイン, バルセロナ: Takita M, Ohata K, Matsuhashi N. Efficacy and long-term outcomes of rectal neuroendocrine tumors after endoscopic submucosal resection with a ligation device. UEGW 2019(2019.10.23)
  • ・スペイン, バルセロナ: Takita M, Ohata K, Matsuhashi N. The significance of closure of the mucosal defect after colorectal endoscopic submucosal dissection. UEGW 2019(2019.10.22)
  • ・中国, 鄭州: 鄭州大学附属鄭州中心医院(2019.09.13-14)
  • ・中国, 北京: 首都医科大学附属北京友誼医院, 鄭州: 鄭州大学第一附属医院(2019.09.06-08)
  • ・イギリス, ランカスター: Royal Lancaster Infirmary Hospital(2019.07.28-08.02)
  • ・中国, 宜昌: 宜昌市第一人民医院(2019.04.27)
  • ・スウェーデン, リンシェーピング: Universitetssjukhuset i Linköping(2019.04.08-09)
  • ・チェコ, プラハ: Takita M, Ohata K, Matsuhashi N. Clinical outcomes of rectal neuroendocrine tumors treated by ESMR-L. ESGE days 2019(2019.04.05)
  • ・中国, 済南: 山東大学斉魯医院(2019.03.30-31)
  • ・中国, 貴州: 貴州省人民医院(2018.08.18)
  • ・中国, 広州: 南方医科大学南方医院(2018.07.13)
  • ・中国, 南京: 南京市第一医院(2017.10.28)
  • ・中国, 南京: 江蘇省人民医院(2017.10.14-15)
  • ・香港: Takita M, Ohata K, Matsuhashi N. Clinical outcomes of rectal neuroendocrine tumors treated by endoscopic resection. APDW 2017(2017.09.26)
  • ・中国, 北京: 美中宜和総合門診中心(2017.07.11)
  • ・中国, 上海: 上海中医薬大学附属曙光医院, 復旦大学附属中山医院(2017.04.07-08)
  • ・中国, 広州: 南方医科大学南方医院(2016.07.09)
  • ・台湾, 台北: Takita M, Ohata K, Matsuhashi N. Clinical outcomes of rectal neuroendocrine tumors treated by ESMR-L. APDW 2015(2015.12.04)
  • ・スペイン, バルセロナ; Takita M, Ohata K, Matsuhashi N. Clinical outcomes of rectal neuroendocrine tumors treated by endoscopic resection. UEGW 2015(2015.10.26)
  • ・中国, 済南: 山東大学斉魯医院(2015.09.21-22)

国内講演・学会発表

  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 当院で経験したヘリコバクター・ピロリ未感染胃癌の臨床病理学的特徴. JDDW2020(2020.11.06)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 大腸ESDにおける留置スネアを用いた牽引法. 第110回日本消化器内視鏡学会関東支部例会(2020.05.31)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 当院での虫垂開口部近傍病変に対する内視鏡治療の現状と工夫. 第15回日本消化管学会学術集会(2020.02.08)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 大腸ESDにおける潰瘍底縫縮の意義. JDDW 2019 (2019.11.23)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 村元喬, 他. 盲腸の大型無茎性病変に対する留置スネアを用いた牽引法. 第19回EMR/ESD研究会(2019.07.14)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 港洋平, 他. 大腸から始めるESDトレーニングは胃ESDのトレーニングを容易にするか. 第97回日本消化器内視鏡学会総会(2019.06.01)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 大腸T1癌におけるリンパ節転移および再発のリスク因子についての検討. 第97回日本消化器内視鏡学会総会(2019.06.01)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 村元喬, 他. 早期食道癌内視鏡治療後狭窄に対して段階的スコープブジーが有効であった一例. 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会(2019.06.09)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. Hp未感染胃癌についての検討. JDDW 2018(2018.11.03)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 早期胃癌内視鏡治療後の非治癒切除例についての検討. JDDW 2018(2018.11.03)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 大腸T1癌における深達度診断についての検討. 第95回日本消化器内視鏡学会総会(2018.05.12)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 当院で経験したヘリコバクター・ピロリ菌陰性胃癌についての検討. 第95回日本消化器内視鏡学会総会(2018.05.12)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 内視鏡治療をおこなった直腸NET(G1)の治療成績と長期予後. 第14回日本消化器内視鏡学会総会(2018.02.09)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 横行結腸中部Ⅱa病変に対するESDにおいてトラクション法が有用であった一例. 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会(2017.12.09)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. より安全、確実な内視鏡診療をめざした当内視鏡センターの取り組み. 第104回日本消化器内視鏡学会関東支部例会(2017.06.10)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. ヘリコバクターピロリ陰性胃癌の発生率とその特徴について. 第93回日本消化器内視鏡学会総会(2017.05.12)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 胃上皮性腫瘍の診断における共焦点内視鏡の有用性について. 第13回日本消化管学会学術総会(2017.02.17)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. Clinical outcomes of rectal neuroendocrine tumors treated by endoscopic resection. APDW 2016(2016.11.05)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 胃上皮性腫瘍の診断における共焦点内視鏡の有用性についての検討. 第102回日本消化器内視鏡学会関東支部例会(2016.06.11)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 当院で治療を行った大腸T1癌のリンパ節転移と長期予後の検討. 第91回日本消化器内視鏡学会総会(2016.05.12)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行, 他. 当院でのOGIBに対する小腸カプセル内視鏡検査の使用経験. 第12回日本消化管学会学術総会(2016.02.28)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 内視鏡治療をおこなった直腸NET(G1)の治療成績と長期予後. 第12回日本消化管学会学術総会(2016.02.27)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行, 他. 5-ASA製剤のswitch例の解析. 城南炎症性腸疾患治療フォーラム(2016.01.20)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 当院における直腸NET(G1)の内視鏡治療についての検討. JDDW2015(2015.10.08)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 十二指腸腫瘍性疾患の診断における共焦点内視鏡の有用性. 第100回日本消化器内視鏡学会関東支部例会(2015.06.13)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 内視鏡摘除された大腸SM癌の長期予後についての検討. 第89回日本消化器内視鏡学会総会(2015.05.29)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 野中康一, 他. 消化管悪性リンパ腫の診断に共焦点内視鏡が有用であった一例. 第333回日本消化器病学会関東支部例会(2015.02.28)
  • 瀧田麻衣子, 大圃研, 松橋信行. 当院における小腸カプセル内視鏡の経験. 鹿本医師会消化器学術講演会(2014.11.20)
  • 瀧田麻衣子, 中澤敦, 塚田信廣, 他. 経肝的に挿入されたSEMSの逸脱に対してAPCによるトリミングを施行した2症例. 第97回日本消化器内視鏡学会関東支部例会(2013.12.15)
  • 瀧田麻衣子, 中澤敦, 塚田信廣, 他. 食道癌に対する化学放射線療法後に乳糜胸を呈した一例. 第325回日本消化器病学会関東支部例会(2013.07.13)
  • 瀧田麻衣子, 中澤敦, 塚田信廣, 他. 住所不定者における胃十二指腸潰瘍の臨床像についての検討. 第99回日本消化器病学会総会(2013.03.23)
  • 瀧田麻衣子, 中澤敦, 塚田信廣, 他. G-CSF産生胃癌の一例. 第322回日本消化器病学会関東支部例会(2012.12.01)
  • 瀧田麻衣子, 中澤敦, 塚田信廣, 他. 後腹膜血腫による十二指腸狭窄を合併し、動脈塞栓術が奏効した膵十二指腸動脈瘤破裂の一例. 第320回日本消化器病学会関東支部例会(2012.07.07)
  • 瀧田麻衣子, 中澤敦, 塚田信廣, 他. 当院で経験した大腸憩室出血に対するバリウム充填療法の治療効果の検討. JDDW 2011(2011.10.20)
  • 瀧田麻衣子, 中澤敦, 塚田信廣, 他. カプセル内視鏡の再検により出血所見を捉えたMeckel憩室の一例. 第315回日本消化器病学会関東支部例会(2011.07.02)
  • 瀧田麻衣子, 前田憲男, 塚田信廣, 他. G-CSF産生性の低分化肝内胆管癌の一剖検例. 第309回日本消化器病学会関東支部例会(2010.05.22)
  • 瀧田麻衣子, 岩崎栄典, 塚田信廣, 他. 十二指腸浸潤をきたした進行胆嚢癌に対してGEM+S-1併用療法が著効した一例. 第307回日本消化器病学会関東支部例会(2009.12.05)
タイトルとURLをコピーしました
当院は予約制となっております
当院は予約制となっております