尿素呼気試験

ピロリ菌感染について

ピロリ菌は幼少期に胃に感染します。そして胃に炎症を引き起こすことで、長い年月をかけて萎縮性胃炎や胃がんを発生させます。そのため、ご自身の胃にピロリ菌がいるかどうかを知っておくことはとても重要なことです。

ピロリ菌感染の診断方法

診断には6種類の方法があります。どの方法を選択するかは、除菌前か後か、内視鏡を行うかどうかで多少異なります。さくら内視鏡クリニック品川では、すぐに治療を開始することをモットーに、迅速ウレアーゼ検査や尿素呼気検査を導入しています。

尿素呼気検査

精度が高い検査であり、主に除菌後の判定に用います。胃カメラを行う必要はなく、20分の間に検査薬の内服とバッグに2度息を吹き込み、POConeという分析装置で解析するだけですむ簡便な検査です。診断結果は検査当日に30分程度でお伝えすることが可能です。

タイトルとURLをコピーしました